0265-23-0224

住宅事情 | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

住宅事情

外壁の劣化や維持管理に関して(仕上げかたによって)

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎どんな仕上がりの外壁でも維持管理をしていく必要がある(総論)


PDF画像をご覧ください。

いずれの画像も外壁になりますが、その外壁の仕上がりも違っていると同時に経年変化して劣化をしているものから、これから起きる事象について考える中で、どのような形で維持管理をして行くことが良いのかを考えてみたいと思います。

 

現在、主に使用されています外壁の工法として、窯業系サイディング、金属サイディング、ALC版、モルタル塗(木下地、窯業系3×10板)、タイル(湿式工法、乾式工法)、土壁になるかと思います。目立って多く見かけるのが窯業系サイディングになります。すべての外壁材に複合して必要となる工法として塗装、シーリングになります。

 

塗装は表面に塗装の膜を張ることや意匠的な維持になります。シーリングについては目地や異種との取り合い部分に防水を目的に使用されます。ほとんどの仕上げ材が塗装や防水を必要としています。構造的なことや材質にはなります。一番は吸水をしやすい性質になっていることです。長い間吸水がされると素材本体の維持が難しくなることや修理を行う際に費用が大きくなることが考えられます。

 

細かなことに関しては個別に開設をしていこうと思います。

 

〇仕上げかたによって修理の方法、時期が違う(各論)


さて、個別の修理方法に関しては後ほどとさせてもらいますが、先ほども出しましたように素材によっては吸水しやすい性格を持っている仕上げになっています。おおまかな括りで行くと窯業系サイディング、ALC版、モルタル塗がそれに当たります。吸水とは…雨水を素材自体が吸う状況は材料等を構成している部分へ影響を与えますし、場合によっては変形し、破壊が起きることも見られます。特にALC版やモルタル壁は吸水しやすい素材になっている為にある程度の期間が経ったら塗膜を必要とします。

 

窯業系サイディングに関しては版間に施されているシーリング材の劣化が素材への影響を与えます。現在の施工は通気工法等を採用していますので雨水が浸入したとしても室内側に大きな影響を与えない考え方にはなっているものの、前提になっている材料本体の窯業系サイディングもセメントが主材料の構成になっている為に、特に断面から吸水が起きやすくなります。吸水が起き始めると貼ってある面によっては変形が顕著に表れることも確認されています。                  

 

⦿維持管理を怠ると雨漏りが起きて、費用が大きくなる!


基本的には仕上げ材の素材によっては吸水しやすい事がわかって頂けたと思いますが、維持管理の時期を逸してしまうと、素材が吸水を始め、表面にその変化が見られ始めます。

例えばモルタル壁で説明をすると吸水を繰り返す部分の表面は黒ずんでくるようになります。特に屋根との境目などは顕著に表れてきます。

仮にその状態が長く続いている場合には、構造材(木下地)に影響が出てくることや雨水が浸入していれば白蟻等で構造材を大きく変える様な状態になることも近年研究結果として知られています。白蟻の影響を良く知られている部分は水廻り(台所、お風呂、トイレ)になるのが一般的に認識されています。しかし、近年の建築では配管、危惧、製品は良くなってきていますし、基礎や土間をコンクリートで全面行うことからリスクが回避はされてきています。

 

まとめ

住宅や建物を見続けていますと…ほとんどのお客様が自宅の外壁が何で仕上がっているかを知っていない状態になっていると考えます。お客様の目線で考えると車のような視覚の範囲や位置がある程度小さく低い位置のものはわかりやすいと感じます。しかし住宅や建物となると目線は高くなり範囲は広くなり、目が届かない部分が多くなります。

早めの処置を必要としますので専門業者に確認を取ってもらう事が必要になると思いますが、雨漏りが起きていたら塗装などの処置を行う前に雨漏りを直してからになります。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.