0265-23-0224

住宅事情 | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

住宅事情

ALC版で維持管理が出来ていない場合の最悪の状況は…

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎何が起きたらこのような状態になるのか?


画像をご覧ください。

最初見かけた時は大変驚きました!

なかなかこのような状況は目にする事がないのです。もうすでに最悪の状況になっています。今までにALC版と言う外壁材のことについて書いてきましたが、お客様自身が製品の特長や維持管理をして行く上で必要な知識や管理に関わる専門業者がいなかったことで起きた大きな事故事例になったと考えます。ここに至った経緯の中で雨漏りと雨漏りの原因を放置していた為の結果だと考えますが、今回着目すべき点を外廻りの仕上がり(ALC版との取り合い)も含めて考えて行きたいと思います。

 

 

〇外壁天端の手すり付笠木、外壁に取付けられた換気口キャップ


今回のALC版の表面破壊の原因は版の内部からになりますが、雨水が浸入する原因は通常は版間、サッシ廻りからになりますが、外壁の取り合いには屋根や外壁の天端の笠木、版を貫通させている換気口部材などがあります。

 

こちらのようなケースは雨水の浸入が長く続いたことで起きたと考えますが、外壁の天端に取付いている手すり付笠木の継ぎ目や手摺の柱廻りが雨水の浸入口と考えますが、ALC版自体は気泡上であることから水分が入り込み、補強として内部に入っている鉄筋も通常はコンクリートのアルカリ性と鉄の酸性は組み合わさることで中和されていますが、雨水の浸入が多くなることで鉄筋の表面の鉄が錆びて、錆が表面に付き始めると膨張して内部より破壊されるようになると考えます。

 

意匠重視で設計がなされたとしても、維持管理をして行く上では繰り返しの修理が必要になって行きコスト高になると考えます。その為に維持する時期を長く逃してしまうと知らぬ間にこのような事が起きてしまうのも致し方ないと思われます。今回のケースでは天端に取付いている手すり付笠木のシーリングや屋根の防水のチェックを定期的に専門業者に依頼することが良いと考えます。

 

まとめ

実際この状況はお客様自体気づいているとは思いますが…

正直なところ、ここまで行く手前で外壁は守って行きたいと思います。ALC版と言う断熱の性能に優れた壁材ではありますが、維持管理の為の手入れ、メンテナンスなどの管理をされることが必須ですが…

製品や施工の状況から地震等の揺れ、塗装膜と版間、サッシ廻りのシーリングの維持等を考えて行くと、今後は新たな問題も発生してきていますので、当社としては出来うる限り発信をして行きたいと思います。現在、新工法が出てきていますが少々難点があり発表を控えています。基本的には下地を組んで金属系の壁を貼る事になりますが…ある意味で欠点を解消する考え方になります。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.