0265-23-0224

住宅事情 | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

住宅事情

外装材(屋根材、外壁、外壁仕上げ)を長く維持する為の塗装作業

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎母材(既存の材料)の状態に合わせて塗料や下塗り材の選定を行う


まずは画像をご覧ください。

外壁と屋根に塗装を行い数年経過した状態の部分を写したものになります。お客様なら見た感じをどう取りますか?見た目によってはやり直しが必要!?と思われるものもあるかと思います。屋根や外壁に使われています素材は鉄板系、セメント系が今は主流になっていると思われます。この2種類であっても使う塗料や施工方法は違います。共通するのは施工工程の上で“高圧洗浄”が入ります。高圧洗浄は表面の汚れを落とし既存の塗膜を剥がす目的があります。

当社では協力を頂いています塗装の専門業者さんとの中で、見積もりに使用をします塗料メーカーと製品を記載しています。単に塗装をする工程や仕様だけを記載することなくお客様に明示と品物を収めた際に確認が取れる様に考えております。塗料にも塗るもの場所、素材によっては何種類もあります。事細かな説明は非常に難しいのがある意味塗料になると思います。しかし、きちんと明示が出来ればいいと考えることもお客様に対してのことだろうと思います。

画像の様にお客様が気付かない所で剥がれたり浮いたりしてしまうことがないような仕事は心掛けて行きたいと考えます。

 

〇現場塗装の為に塗り、乾燥、期間を考えておく


屋根や外壁の材料ですが、今はほとんど色が付いた状態で納品や施工がされます。例えば鋼板屋根の材料ですが、工場で塗装を行ってきます。一般的に使われています塗装鋼板ですが2コート2ベーク(塗装と焼付乾燥)になります。また詳しい事は後に説明をして行こうと思います。その状態で10年という製品の品質を持たせるわけです。現場で塗装を行う場合には工場で行う様なことは出来ません。品質面に関しても10年という期間を担保することは難しいと考えます。

ただし、若干の塗膜厚があることである程度の期間持たすことが可能だと考えます。外壁も最近では汚れの付きにくい塗膜、フッ素系の塗膜等が出始めています。工場で均一に行われている製品を現場で塗り納めるには何度かの工程が必要になってきます。その為には時期によっては塗り⇒乾燥⇒塗り⇒乾燥と期間が必要になります。また気温、湿度によっても短くなったり、長くなったりします。

短期間で済ますことは本来は出来ません。

 

⦿仕上がりを確認すること(定期的に)


 塗装工事が終わった際には経過を観察する必要があると思います。塗料が定着することや一定の期間見守ることも必要だと思います。丁寧に進めて行くことが可能であれば画像のようなことは起こらないと思います。逆に塗る必要がない所を塗ったことでめくれてしまう事もあります。

 

まとめ

 外廻りの塗装工事は不特定多数の方が見ることが出来るのでより気を遣って行いたいと思います。また、塗装により昔のイメーを大きく変えることが出来るのである意味お客様にとっても関わりがいがあるものになると思います。しかし真の目的には外廻りの材料を風雨や紫外線から守ることがあるので一度ご自宅を見てもらうことも必要になります。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.