0265-23-0224

住宅事情 | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

住宅事情

雨といに起きた不自然な錆と穴

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎塗装工事を行う際に確認が出来たこと


ご自宅、建物で外部(屋根、外壁)の塗装の工事が行われます。まず再確認ですが、塗装は塗装業者が行います。しかしその塗装工事に関わります仕事は他にもあります。屋根でしたら瓦業者、板金業者となり、外壁で言えば防水業者、足場(架設)業者になります。

特に塗装工事が主力となる仕事の場合に、間違いが起きやすいのが…追加の仕事が増えることです。追加の仕事は先に出ました瓦、板金、防水の事になります。足場に関しては現在の仕事の中では必須のこととしてお客様方には理解を頂いております。その中で一番追加が起きやすいのが雨といになりますが、雨といは変形や錆び等で修理が必要となることがありますが、無理に塗装を施したとしてもいずれ修理が必要になります。

足場を架けての塗装工事は関わる仕事がすべて完結出来るように調査をして行くことが必要になると思います。

“塗装工事は塗装業者だけでは完結できません!

建物は多くの専門業者の技術で出来ています。”この事は理解してもらいたいです。 

 

〇修理や維持をして行く際にどう考えるべきなのか


 

 まずはこちらの画像を確認ください。

こちらは実際に塗装業者の依頼で我が社が確認をしてきました事例になります。雨といの状況は内側が錆びていて、鋼板の外側にピンホール上の穴が無数に開いている状況でした。雨といを交換するのか補修方法を検討するかで打ち合わせを行いましたが、お客様の予算も含めて補修で対応を行うようになりました。補修方法は錆の状態と穴の状態がまだ最小であることから変性シリコンと塗装膜で対応が出来る範囲であったことからそのようになりました。

 今回の雨といに錆が起きた要因として考えるのは次の画像を確認願います。

当時どのような考えでこのような施工を行ったかについては不明ですが、樋受けの金物の間隔は1200mmになっています。メーカーの設計では1000mm以下となっていますが、建物の高さ、場所等によっては間隔を狭める必要があります。今回の建物の高さは3階建てのなっている為に修繕を行うには費用が掛かる為に、最初から考えて間隔が600mmを一つの目安として考えることも必要だと思われます。

 また屋根の流れ(傾斜の長さ)が長い場合には雪止めの設置方法も検討することも必要だと考えます。既に画像の様に雪止め金物自体の変形が見られることから当時の状況検討がなされていなかった状況がわかります。

 

⦿外部の塗装工事で毎回起きることをどう解決していくか


 お客様の負担が増えない為には、まず調査を隅々まで行うことだろうと考えます。塗装だけに限らず屋根、雨とい、サッシ、防水、設備機器などの外部に面する部分については念入りに確認をする必要があるかと思います。

 その為には専門業者のつながりが必要であると思います。1社だけでは専門的な見解が得られないことです。きちんと確認が取られることで費用負担についても正確なものになろうかと思います。

 

まとめ

 当社では専門業者のつながりや調査や説明に時間を掛けております。お客様にはその判断材料もお渡しが出来ています。またこの先、自社でドローンを持っての確認作業が出来るように予定をしております。

 

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.