0265-23-0224

住宅事情 | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

住宅事情

入母屋屋根で起きた雨漏りの原因を調査してお客様へ報告

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。
現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 


◎鋼板屋根、瓦屋根でも入母屋屋根の破風端部の雨仕舞は難しい


まずはこちらの画像をご覧ください。

  

瓦屋根、金属屋根の入母屋屋根の破風端部にあたる画像になります。今回、お客様からの依頼がありまして入母屋の屋根を横葺で葺かれた破風端部付近で雨漏りが起きているかもしれないという事で現状を確認してもらいたいとの依頼がありました。
次の画像をご覧ください。

  

画像は破風板の内側を写したものになりますが、屋根の構造や仕上げは変わりません。画像にもあるように破風板の内側には垂木があり、屋根の切込みや差し込みについては建て方を行っていく中で、業者間で打ち合わせを行っていくことになります。
入母屋屋根は他の屋根の形状とは違い、一部が雨風に当たりやすくなります。その為に破風板を化粧で仕上げることは難しいと考えます。木部の仕上げは塗装仕上げで維持をする場合と鋼板を巻き付けることがあります。今回のような経年劣化や雨漏りが起きた場合には施工方法を検討する必要があります。


〇急所を解消していくには施工の手順の擦り合わせ、雨仕舞を考える



 この部分については意匠以上に雨漏りの懸念が多い場所になります。非常に雨仕舞をして行く上で窮屈な場所になることは瓦屋根であっても鋼板屋根であっても同じであります。瓦の場合、破風板の手前にのし瓦を積んで仕上げてしまうと、破風板が木仕上げの場合には表面の劣化や木部とのし瓦の取り合いの止水性が担保できないことから起きる雨漏りの事故についても考える必要が出てきます。木部の仕上げについて鋼板で巻くような考えがあれば、のし瓦の部分の止水性も担保できる場合があると考えます。
いずれの考えがあったとしても雨仕舞に関しては業者間の打ち合わせが必要になるかと思われます。 

  

●点検で昇った際に他の部分も確認してお客様へ伝える



今回のいる母屋部分の確認で昇りましたが、築15年経過を下屋根の状態も画像に納めておきました。鋼板表面の状態は劣化塗膜が薄くなってきているものの、まだ表面塗装を行う状態でないことは確認が出来ました。

  

  

もう既にこの施工時の鋼板はガルバリウム鋼板になっており、塗装の品質も安定していている状況でしたのでもう少しは塗装を行わなくてもいい状態だと判断が出来ました。逆に色落ちが進んでガルバリウム鋼板の素材に達する状態での塗装の方が更に長く維持が出来ると考えました。

まとめ
 設計者、施工者はお客様が長く維持管理ができるようなことを考える必要があります。近年はコスト中心の意匠が考えにある為に、無理な形での施工がされていないことが現状になっています。しかし、依然残っている状況の中で改善が出来るように注意して見て行くことが大事になると思います。

宮下板金工業よりお客様へ
お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。
住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。


宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

    

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.