LINE公式

0265-23-0224

住宅事情 | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

住宅事情

陶器瓦から金属瓦に葺き替えられた屋根について 

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。
現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 


◎金属瓦に変わったことで良くなったこと、見た目で違うこと


 画像をご覧ください。

こちらは金属瓦になります。
 もともとは瓦屋根(焼き、陶器)になっていたものを葺き替えられた状態が画像の屋根になります。なぜ金属瓦に葺きかえられたかについては知ることは出来ませんが、金属瓦に葺き替えられるケースは案外珍しいかと思います。 さて、金属瓦に変わったことで大きく変わったのは”屋根の重量”になります。一般的には瓦屋根から金属瓦に葺き替えることで約1/10になります。それほどに重量が変わることで影響が出るのは建物の構造に当たる骨組み(柱、梁)への負担が変わります。その他には内外壁や室内の建具にも影響が出ます。それほどに屋根の重さが関わってきます。

 


 新築時には無かった経年変化、劣化により重さの影響が見える形や使い勝手で出てきます。日本家屋は部屋を小間(4畳、6畳、8畳、10畳)などが基本の形で出来上がっており、現在の住宅にあるリビングダイニング(LD)のような用途を2つ合わせる形で広々した空間を設ける場合には重さについて設計で考える必要があります。また、使われます柱も3.5寸角(105mm×105mm)もしくは4寸角(120mm×120mm)になります。梁材の梁せいもスパンにより7寸(210mm)、10寸(300mm)になってきます。場合によってはS梁などの鋼材も使って大断面を設けて行きます。現在は壁面補強に耐力面材(専用材用、合板)を使ってさらに補強を行っている現状があります。
しかし、築年数が30~40年の住宅となるとそこまでの補強はされていないことから屋根の重量を変える事は必要になるかと思います。しかし、金属瓦でなく横葺や段葺でも同様の効果は当然出ます。しかし見た目の差は大きいと感じられると思います。 


〇金属瓦が普及できていない理由


 結論から言いますと″高い、高額″になります。我が社の地域でも稀に見かけますが、なかなかお客様に売るという事は難しいです。同じ鋼板製品であるのになぜ価格差が出てしまうのかをこれから説明したいと思います。 横葺や段葺、立平、長尺瓦棒と金属瓦の製造方法が大きく違います。前者は鋼板材料(平板)を成型機械に通すことで出来る屋根材。後者は同じ鋼板材料をプレス機で成型をします。
双方とも機械には費用が掛かりますが、成型機よりプレス機の方が設備投資には掛かるのが知られています。他には使われます部材一つ一つがプレス製品でコスト高になっています。

宮下チャンネルより
「鋼板の平板が機械を通れば屋根材になる(横葺き屋根加工)」


⦿屋根の重さを軽量化させる方法について


一般的な考え方としてすべての瓦を下ろすことが良い考えとは思いますが、お客様の予算として考えるべき方法として、軽量化をさせる方法としては鋼板を袖葺きとして使いながら全体の重さを変えることや役瓦(大棟、隅棟、降り棟など)の積み方を軽量化させる方法も現在は確立していますので、実状を確認した上でプランを提案して実行をして行くことがこの先は必要になると考えます。

まとめ
必要となる情報を丁寧に説明をすることやお客様に合わせた状況に応じる形での改修工事が必要になると思います。

宮下板金工業よりお客様へ
お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。
住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。


宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。 

   

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.