LINE公式

0265-23-0224

屋根について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

屋根について

現在市況に発売されています塗装鋼板について

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎今の塗装鋼板PCM(プレコートメタル)は10年間の保証がされています


 現在流通しています塗装鋼板は、住宅の瑕疵担保保証に合わせる形で10年の保証が各塗装鋼板メーカー、協会によりなされているのが現状です。各塗装鋼板メーカーでは自社の製品で更に保証年度を持った製品を持っており、色見本等に明示がされています。ほぼ共通するのが15年、20年になります。

 保証年度が設けられているのは、現在の製品を構成します塗装鋼板の基材がガルバリウム鋼板になったことです。ガルバリウム鋼板の素板だけでは経年劣化により表面や断面等に錆び等が発生してしまいます。その為に塗装と焼付、乾燥を行い塗装の膜を作り製品化を行っています。塗装の工程は2コート2ベークになります。2回塗装2回焼付乾燥になりますが、製品よっては3コート3ベークになるものもあります。当然ながら2回より3回の方が保証年度は長くなります。

 

〇塗装鋼板は塗装⇒焼付、乾燥を繰り返し作られています


先に一部出てまいりましたが、現在の塗装鋼板の主な工程は2コート2ベークになります。ちなみに車の塗装は3コート3ベークになっております。工程の違いもありますが使われています塗料によるものもあります。現在使われています塗料で長期の保証が可能になっているのがフッ素樹脂塗料になります。フッ素樹脂塗料を使いました鋼板は3コート3ベークになっていて20年保証となっています。

添付をしています資料を確認してもらうと、1964年当初国内で発売をされましたPCMは1コート1ベークになっていました。その後現在主流となっています2コート2ベークは1967年から各塗装鋼板メーカーがライン導入をして発売をしてきています。発売当初は製品が安定しなかったことから塗装の膜にばらつきがあり、色変わりも早かったようです。しかし現在の塗装鋼板は各社ともに安定供給が出来る様になり保証年度が明示できるようになってきました。

現場で行う塗装と大きく違うのは焼付の工程が入ることです。より薄くより長く塗装表面が長く持つように技術開発がされてきている為に、一定程度そのままにすることは可能になります。

 

⦿ある程度の期間が経ってから上塗りを行ってもらいたい


ざっと今の塗装鋼板が主流になってきたのは約10年前になるかと思います。根拠としては瑕疵保証が始まってから約10年が経つことです。

お客様の疑問の中に「いつ塗装を行ったらいいのか?」ですが、10年の保証がされたものであれば15年は何も行わなくても良いと考えます。というのは当然ながら色あせは経年変化として起きますが、色あせ自体が薄くなる事になります。塗装時期の指標としてはチョーキングし始めたら塗装を行うのが目安になります。実際にはその状態を過ぎても問題はないとされていますが、より長く維持をする為の目安として塗装鋼板メーカーから推奨をしています。

その状態になるまでにはかなりの時間が掛かります。塗膜をある程度劣化させて行いと次の塗装を行う際に支障となります。その為の目安が10年、15年、20年になります。

 

まとめ

 鋼板屋根を採用されましたお客様にはより理解を頂きたいと思います。建設会社、工務店より示された色見本等を確認、記録をしておいていただきたいと思います。長く建物を維持して行く為には特に外部(屋根、外壁)などの外装は紫外線、風雨等の自然の影響を受ける為に一定程度でリフォームを必要としておりますのでご理解をお願いしたいと思います。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.