0265-23-0224

屋根について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

屋根について

最近の住宅で屋根や外壁のきわどい部分の雨仕舞

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎最近この様な屋根と外壁が取り合う住宅を見かけます


まずはこちらの画像をご覧ください。

画像のような設計の住宅が近年みられるようになりました。わが社のような金属系の外皮(屋根や外壁)を行う業者としては非常にやりがいのある仕事になります。現在建築家のこだわりを形にする建物も増えてきています。逆にハウスメーカーの建物は安全重視の住宅になるかもしれません。この部分はお客様が選択すべき部分になるかもしれません。

なかなかこだわるという事は難しいものだと最近よく思います。屋根の葺き方や屋根材を使う場所も変わってきています。例えば、横葺き屋根ですが通常は屋根になりますが、外壁にも使います。また他には立平葺きですが、こちらも屋根でなく外壁に使うこともあります。どちらがどう良いかについてはまた別の場所で考えてみたいと思いますが、どちらも共通して考えるのは屋根との境目や開口部廻りになります。

今回の屋根と外壁の住宅でも注意すべき点は水上部とケラバ(下って行く面)の唐草(軒付け役物)との境目が急所になります。

 

〇軒の出を無くすと雨漏りのリスクは高くなる


前の部分でも説明をしましたが、唐草(軒付け役物)と外壁の取り合い部分に雨漏りが起きやすいところになります。普段降る普通の雨(上から下に落ちるような雨)では横葺きを摘まみこんである部分や唐草の下がり部分を伝わり流れ落ちるものくらいで、さほど大きな影響はないかもしれません。しかし、雨の量が多く、強い風が吹いた時はどうなるでしょう?

次の画像をご覧ください。

特に水上部分では雨の量や風の吹き方によっては外壁を伝わる雨水の動きが矢印のように動くことも考えられます。動く先がどこになるかといえば唐草の下がりと外壁の間に流れていきます。画像ではこの部分の詳細を確認取ることは出来ません。仮に入り込んだとすると外壁の内側に入ります。現在は通気工法になるために雨水が宅内には入らないかもしれません。

しかし…危険には感じます。

 

⦿強風による雨水の動きまで考える⇒2次防水だけでは解決は出来ない


屋根や外壁が一次防水、二次防水は透湿シートになりますが、特に屋根と外壁の入隅になる部分の取り合いには注意が必要です。特に屋根と外壁の施工業者が違った場合には双方が責任あることが出来るか?元請けとなる業者が責任をもって管理が出来るかが、課題になります。取り合いに透湿シートや防水テープを行ったとしても一次防水の施工に関しては雨仕舞も含めて考えることが今後も必要だと思います。

 

まとめ

意匠についても施工に関しても建築家や管理者、施工者が知恵を出し合い、改善が出来ることがあれば変えていく必要はあると思います。瑕疵保証で守られている昨今の住宅ですが、規定が出来ない部分についてはより気を遣う必要があると考えます。逆に無理なことはしない方が良いかもしれません。意匠より機能重視かもしれません。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.