LINE公式

0265-23-0224

屋根について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

屋根について

屋根の表面に出ている不思議な跡は何か?通気、換気が関わる

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎例えばこのような屋根表面の跡はどう考えるのか?


画像をご覧ください。

  

化粧スレート屋根の表面に起きている現象ですが、画像を見てもらうと良くわかると思いますが、いったいこの現象が何かは室内側の屋根下地等を確認しないとわかりかねますが、1つ不思議なのは軒先にある通気口から入る空気は片流れの屋根頂部でどう排出がされるのか?そもそも空気の流れが小屋裏にあるのか?

  

空気の流れがないとした場合、一次防水の屋根、二次防水のアスファルトルーフィング、防水紙の下の針葉樹合板のそれぞれが降れる部分や針葉樹合板の天井側の表面に何が起きているかが原因追及の一つになると思われます。

屋根面に起きている跡の場所は針葉樹合板を止めています垂木の位置になります。それは雪止めの金物の位置が示しています。

おそらくですがお客様はこれがどういったことなのかを疑問に思うでしょう。

 

〇屋根の軒の出がない屋根で起きている屋根表面の状態は?


軒の出がない屋根が多い昨今の建物事情で、空気の流れをどう確保しているのか?また、そもそも入り口があれば出口があるのが当たり前の中で、なかったり少なかったりした場合にはどのような影響が出るのか?

  

画像の様に鋼板屋根の表面に流れるようなこの跡は問題視されないのか?例えば断熱材の使い方や使用するものでも違いがある。グラスウール、ロックウール、断熱ボード系、ウレタン吹付などがあるが、通気も含めてどう考えるのか?

実際、屋根や外壁に不自然な跡が出始めた時に、どうお客様に対して説明すれば良いのか?本当に不思議なことが多い現状。
例えば、外壁の表面がこのようになっていたらどう説明するのか?

  

かなり難しいと思います。

まとめ

小屋裏での空気の流れが遮断される場合や空気の流れがない場合、換気量が足りないことで起きる現象の一つとして結露があります。かえって昔の住宅より今の住宅の方が多いかもしれません。高気密高断熱が今の主流ですが、日本のような四季があり高温多湿の状況ではより考えていかなくてはいけない現実かもしれません。

下記に参考文献を添付しておきます。

 小屋裏(屋根裏)に発生する結露とは

当社が所属しております団体ではこの問題に取り組んでいます。

 一般社団法人 住まいの屋根換気壁通気研究会

  

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.