LINE公式

0265-23-0224

屋根について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

屋根について

雨といの手入れが難しい形、意匠優先から機能、維持を優先に考えて行く

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎折版屋根に取り付けられている雨といの考え方が変わってきた


まずはこちらの画像をご覧ください。

 

折版屋根の先端に取り付けられた雨とい兼鼻隠しになります。折版屋根の軒先断面を隠す目的や屋根のケラバ(勾配昇り側)を同形状で巻きつけた時の意匠が良くなる様な施工を以前はよくやっておりました。当時は今のような既製品の雨といや鼻隠しパネルのような物が頻繁に使われていなかったので、我々のような板金業者が鋼板を加工して取り付けていました。

さて、写真の雨とい兼鼻隠しが現状どのようになっているかです。

 

経年劣化で起きてしまう現象としては、ゴミが詰まる事による雨水の溢れ、ゴミのつまり、鋼板のさびと穴あきが考えられます。事実、そのような事から交換を行っているのが実情になります。意匠的な事はお話をしましたが、こちらの様な雨とい兼鼻隠しの何が問題となるのかと言いますと下記に箇条書きで書いておきます。

①雨とい自体に水勾配(雨といの傾斜)がない事

②折版屋根の先端を包む形で取り付けている為に掃除がしづらい、出来ない

③使われている鋼板の表裏の裏側が雨水、土ほこりを受ける面になる

ほぼ、この3点が原因で腐食が起き傷んでしまい交換するのが現状になっております。ただし、3つの内の②と③がある程度解消が出来れば長持ちするかと思います。それには次の考え方があります。雨とい内に土ほこり等は入り込んでしまいますが、樋の中を定期的に水洗いが出来ればつまる要素が無くなるかと思います。ただし、落ち葉等になると堆積し舞う場合には必ず除去しなくてはいけません。お客様自身が出来る事と出来ない事があります。専門業者の我々でしたら取り付け用のビスを外すなどの事を行い掃除する事が可能になります。本来、落ち葉等が落ちるような場所にこのような雨といを取付ける選択はありません。

さて、鋼板の表裏の事ですが、現在鋼板製の雨といに使われています材料の鋼板は両面塗装がされたものを採用しています。両面塗装とは両面同じ色の焼き付け塗装をしたものかリバーシブル出来る様に片面ずつ違う色で焼き付け塗装をしたものがありますので、その材料を使う事が出来れば、片面塗装の鋼板の様に錆びの進行が起きる事はないです。

(鋼板の解説)

両面塗装鋼板⇒鋼板の両面に仕上げの塗装が施されていて2コート/2ベークの塗装と焼き付けがされた鋼板になります。鋼板製の雨といに使われている。

片面塗装鋼板⇒両面の塗装鋼板とは違い、片面は紫外線、風雨等の影響が小さいために裏面には塗装は施されているものの、サービスコートとしての考え方として1工程除いた状態の塗装はされた鋼板になります。屋根材、壁材に使われている。 


今回は一部の修理で終えました。下の画像の様になります。

 

〇現在の雨といは形状、機能、製品が変わってきています


雨とい自体の素材は現状では鋼板製(ガルバリウム鋼板)と塩ビ製になっています。既製品の雨といに関しては両面の塗装鋼板を使っておりますし、塩ビ製の雨といも形状や製造方法や取り付ける地域によって芯材に鋼板を入れたものがあるなど…より長持ちする様になっています。また大型の建物では雨といを鋼板から加工して取り付ける場合においても塩ビ製(鋼板の心材が入ったもの)の鋼板使うなど、より維持管理しやすい材料は出てきているのが現状になります。

参考までに現在はこの様な形になっています。

まとめ

雨といに使われる素材(鋼板、塩ビ)は確実に良くはなっており、初期の投資で良いものを使う事は建物の重要な部分になっています雨といにとっては大事な事だと考えます。ただし、雨といの維持管理に関しては建物の周辺の状況を把握される中で、定期的には雨といの中の掃除はされた方が良いと考えます。場合によっては塗装被膜の維持の為に塗装を施す事もおすすめしたいと思います。

昨今のような急激な雨(ゲリラ豪雨)が起きた場合に雨といの維持管理がされていないと建物への影響は想定が出来ない状況になると考えますので、一度確認をされるようにお願いをさせてもらいます。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.