LINE公式

0265-23-0224

屋根について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

屋根について

屋根の先端部分からの雨水浸入の現状と施工上の考え方

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。
現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 


◎改めて屋根材の先端の構造について考えてみる


今回取り上げますのは従来からあります長尺瓦棒葺きと立平葺きになります。

 

共通するのが軒先側で雨水の浸入が起きて屋根の下地が腐る現象が続いています。この先、お客様の屋根を維持して行く為に必要であることについてふれて行こうと思います。この部分については塗装工事でも必要な部分であることなので知ってもらいたいと思います。
 テレビでの映像でありますが、台風や強風で屋根材が飛ぶシーンを目にすることがあると思いますが、強風が吹いたから鋼板屋根が飛ぶようなことは本来ありません。地震の時などに流されます瓦屋根の映像にも隠れた原因があり、正確な情報を手にした上で対処をしてもらいたいと思います。
 さて、冒頭にも書きましたが、鋼板屋根も素材となる鋼板もさびにくく、塗膜の品質も良くなってきています。ただし、昔からの工法や亜鉛鉄板を使った屋根もまだ残っていますが、急所となる部分を抑えていることや定期的なメンテナンスで今でも残っているのも現状です。長尺瓦棒、立平葺きの最も雨水が浸入する場所は先端部分の屋根材ハゼ部の小口、切り合わせの部分になります。
 長尺瓦棒、立平葺きもハゼを使った屋根葺きの工法になります。解説用に画像を見てもらうとわかるかと思います。

  

ハゼの途中から雨漏りが起きるには施工上の問題の他に地域の気象(降雨量、降雪量)によるものもあります。しかし共通するのが先端部分になります。先端部分は鋏(はさみ)や掴み(つかみ)などの板金手道具を使い、最終的にハゼ締め等を機械締めしていき仕上げていきます。切り込み方やシーリング等を入れることは技術的なことや専門業者それぞれの考えにもなること、業界で保証する工事などで行っては行きますが、切込みが多い屋根材は雨水の流れや風を伴った雨水により浸入は起きてしまいます。その雨水が連続的に入ることで、下地となる木材が腐れば強風等でめくり上がることも起きるであろうと思います。

しかし、その現状であっても手入れの仕方によっては回避することも可能です。逆に何も手入れをしていなければ屋根が飛んでしまう事もあるかと思います。


〇ハゼ式から嵌合式に変わった現状でも考え方は変えてはいけない


ハゼ式から嵌合式へ移行してきました。

 

より鋼板表面の塗膜を長持ちさせるための考えになります。嵌合式の屋根材についての解説は次の画像をご覧ください。

さて、嵌合式に変わったことでもメリットは多くあります。ハゼ式と違い嵌合させていく(嵌めていく)ことでハゼを締める作業がないことやハゼ締めの機械での細かな傷もなくなります。見た目においても良くなります。最初にも書きましたが、塗膜への傷がなくなることで劣化速度も遅くなってきます。

10年から20年は大丈夫であると考えます。その間で色が薄くなることはありますが、錆によるものはよりなくなります。早期の塗装は必要なくなります。
塗装を行うタイミングは専門業者である我々に聞いてください。塗装業者では判断が付きません。


⦿雨漏りにつながる考え方を検証して改善していく


嵌合式の屋根材について書いてきましたが、嵌合式の屋根材にも切込みや小口はあります。雨水の浸入がゼロになるわけではありません。現在懸念されるのは嵌合式の立平葺きで片流れになった屋根で、水下の小口は良いとして水上の小口を専用キャップで納めてしまうのは非常に危険です。

意匠性や予算で決められてしまいがちですが、雨水の浸入は逆に起きてしまいます。この部分はお客様自身にも知ってもらいたい部分です。
改善方法や実際に起きてしまう雨漏りについては今後検証しながら考えていくようになると思います。

まとめ
当社でも今まで当たり前になってきた製品や施工方法も改善し、よりいい製品が届けられる様に技術や理屈を検証している状況です。塗装鋼板は間違いなくより長く持つ製品になっています。塗装製品については現在フッ素樹脂塗装が一番長くきれいでいると考えます。素材はステンレス、チタン等がありますが、費用としては現在のガルバリウム鋼板の上に施されたフッ素樹脂塗装が良いと考えます。また細かくは説明をして行こうと思います。

宮下板金工業よりお客様へ
お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。
住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。


宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

    

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.