0265-23-0224

屋根について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

屋根について

コラム

化粧スレート葺き(アスベスト製品)の現状について

化粧スレート葺き(アスベスト製品)の現状について

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎既存の化粧スレート葺きの屋根を撤去するかカバー(被せる)かの判断


 化粧スレート葺きですが既に平成13年以降約20年以上経過はしましたが、今はノンアスベストの製品に切り替わっております。しかしそれ以前の建物30~40年経過をする建物に使われています化粧スレート葺きの屋根に関しては″アスベスト″の含有が認められる屋根材になります。今、地域を確認しますと途中で塗装をされるお客様と新築から何もされない方と二極化の状態です。どちらの状態においてもアスベストを今後どのように考えて行くべきか考えて行く事となりそうです。

 現在、アスベストの含有が確認できた化粧スレート屋根の改修方法としては2つの方法が考えられます。1つは化粧スレート屋根材の全撤去を行った上での別の屋根材での葺き直し。2つ目は撤去を行わず既存の化粧スレート屋根に被せる形でのカバー工法(金属屋根が最も対応が出来ています)になります。

双方には良し悪しが当然あります。一番は費用になるかと思います。費用は前倒しにするか後で行うかになります。前倒しで行う場合には最初に費用が大きく掛かることです。カバー工法はその部分の後で行うように進めるのですが、万が一すべての解体を行う場合には解体業者にアスベストが残っていることを通知しなくてはいけません。通知を行わないと追加費用が発生します。

ここについてはお客様に良く説明を行っておくことや照明が出来る書面を残す必要があると思います。

 

〇撤去する中でわかってきたこと。維持する方法は再検討する必要がある


化粧スレート屋根を維持していく為には、鋼板屋根と同様に塗装が必要になります。ただし塗る時期をあまり遅らせることが無い様に考えてもらいたいと思います。基本的には基材はスレートであること。そのスレートは吸水しやすい材料であることを認識いただきたいと思います。引き渡し当初は塗膜があり水はけが良い状態になっています。しかし経年劣化で塗膜の状態は変化をしていきます。長く塗装を行わないと苔が生えたりして表面、基材は吸水を始めて変形する事態もあります。

 塗装ですが、刷毛塗りとローラー塗りが主流になっています。吹付に関しては飛散が起こりやすいので敬遠されています。化粧スレート屋根で気をつけるべき場所は葺き方が重ね葺きであることから段差、継ぎ目部分が塗料の膜で密着してしまわない様に″縁切り″を行う必要があります。万が一その作業を怠ってしまうと雨水が重なり部分を毛細管現象で吸い上げることが起き、雨漏りにつながります。

 今回当社で撤去工事を行った際の材料の状態が記録できましたので画像を確認願います。知らぬ間に雨水が浸入して屋根下地、木下地が腐朽する状態になります。

   

   

   

⦿今後は選択肢の中にどう説明をして行くべきか


住宅、建物は屋根や外壁の手入れをしてさえすれば長く維持が出来ます。建物に使われます屋根や外壁の材料は設計者や建設業者に任す形で出来上がっていますが、維持管理をして行く上で塗装が最もいい方法となっていますが、最初の材料選択で大きく変わってきます。当社の見解ですが屋根外壁は鋼板が最も良いと思っています。

まとめ

 塗装工事に関しては業者に任せきりの状態にせず、お客様自身が確認出来るように業者選択をする必要があります。金額ありきでは危険です!ただし、相見積もりを何社もとってもいい結論は出ません。最初の調査に費用を払ってでも状態をお客様自身が知る必要があると思います。何年も手を掛けていなければ″雨漏り″は起きていますので、そこから始めてみてはどうでしょうか?

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

      

お客様からの依頼で瓦屋根から鋼板屋根に葺き替えます

お客様からの依頼で瓦屋根から鋼板屋根に葺き替えます

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。
現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 


◎瓦屋根の重さを知ることから始める


今回、お客様からの依頼により瓦屋根の改修工事を行いました。お客様からは現在の瓦屋根を下ろして軽量化をさせたいとの明確な目的を言われました。現在の住宅は築40年近く経っていまして、既に外部や1階の屋根、室内はリフォームやリノベーションがされていました。ただし、構造の補強や耐震については費用面からされていない状態でした。そのこともあり、最後に残った瓦屋根を下ろす事になりました。
画像3枚をご覧ください。施工前の状態を写したものになりますが、一部には解説の為に名称等を入れておきます。さて、今回の瓦屋根の重量がどのくらいあるのかを文献を基に計算し算出してみました。計算式は下記のとおりです。

  

瓦屋根 77㎡×42kg/㎡=3,234kg→瓦屋根 16枚/㎡(画像で示した部分)
役瓦(大棟)5.6m×99.6kg=557.76kg(画像で示した場所)
役瓦(隅棟)21.6m×37kg=799.2kg(画像で示した場所)
こちらの瓦屋根の総重量は4590.96kg(約4.6t)

1㎡の重量についてはWEB上瓦メーカー等で公表はされていますが、役瓦の算出が難しいのは現状ですが、ある程度施工上のことを確認した上で今回は算出していますのである程度近い数字にはなっています。


〇鋼板屋根に葺き替える。葺き替えることで追加すること


さて、瓦屋根の重量を算出しましたが、皆さんはどう思われます?
瓦屋根が重いという事は案外知られていますが、数値がされるとよりわかると思います。さらに言えば軽トラ(車体重量700kg)でしたら約6.5台が屋根上に載っている状態になりました。
今回、瓦屋根をすべて下ろしたところで、野地板の状態が悪かったために針葉樹合板で下地補強を行い、防水紙(アスファルトルーフィング940)を引いた上で鋼板屋根の横葺を葺き、雨仕舞まで行いました。下記が計算式になります。

鋼板屋根 77㎡×5kg=385kg+約29kg(板金役物)
屋根下地(針葉樹合板12mm)47枚×12kg/枚=564kg
防水紙77.4kg(4.3本)
鋼板屋根の総重量は1,060kg(約1.1t)
改修工事で屋根重量がどの程度軽量化できたかは
4,591kg-1,060kg=3,531kgになります。

  

  

⦿築年数が経過した木造屋根の瓦屋根は…


考え方ですが、屋根の重さを軽くする事は建物(構造や壁、サッシ、建具)への影響が軽減されます。構造の考え方も40年前と現在では大きく変わってきています。大きな地震があった際には建築基準法が改正されて、より耐震に必要な構造(壁量、筋交い、金物、地盤)等の考え方が変わってきています。現在は耐震等級3が良いとされています。しかし、今できることはしてもらいたいと思います。
あくまでも今回紹介したことは一例になります。現在取り組んでいます案件も瓦の重量は相当なものになっています。
 改修工事にあたり追加をした仕様として換気棟を取り付けております。小屋裏内の空気の移動(熱気、湿気)をさせるように考えて設けました。

まとめ
我が社の地域も含めて瓦屋根の住宅は多くあります。耐震化については自分の地域を知ること、築年数、地盤など…多くの情報を集めて判断することも大切だと考えます。今は数値化されたもので判断はされています。ただし、維持をして行く為に必要な知識や考え方には、まずは自宅の状態を知るべきだと考えます。その一つが屋根の重さを知ることでしょう。

宮下板金工業よりお客様へ
お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。
住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。


宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

     

屋根の先端部分からの雨水浸入の現状と施工上の考え方

屋根の先端部分からの雨水浸入の現状と施工上の考え方

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。
現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 


◎改めて屋根材の先端の構造について考えてみる


今回取り上げますのは従来からあります長尺瓦棒葺きと立平葺きになります。

 

共通するのが軒先側で雨水の浸入が起きて屋根の下地が腐る現象が続いています。この先、お客様の屋根を維持して行く為に必要であることについてふれて行こうと思います。この部分については塗装工事でも必要な部分であることなので知ってもらいたいと思います。
 テレビでの映像でありますが、台風や強風で屋根材が飛ぶシーンを目にすることがあると思いますが、強風が吹いたから鋼板屋根が飛ぶようなことは本来ありません。地震の時などに流されます瓦屋根の映像にも隠れた原因があり、正確な情報を手にした上で対処をしてもらいたいと思います。
 さて、冒頭にも書きましたが、鋼板屋根も素材となる鋼板もさびにくく、塗膜の品質も良くなってきています。ただし、昔からの工法や亜鉛鉄板を使った屋根もまだ残っていますが、急所となる部分を抑えていることや定期的なメンテナンスで今でも残っているのも現状です。長尺瓦棒、立平葺きの最も雨水が浸入する場所は先端部分の屋根材ハゼ部の小口、切り合わせの部分になります。
 長尺瓦棒、立平葺きもハゼを使った屋根葺きの工法になります。解説用に画像を見てもらうとわかるかと思います。

  

ハゼの途中から雨漏りが起きるには施工上の問題の他に地域の気象(降雨量、降雪量)によるものもあります。しかし共通するのが先端部分になります。先端部分は鋏(はさみ)や掴み(つかみ)などの板金手道具を使い、最終的にハゼ締め等を機械締めしていき仕上げていきます。切り込み方やシーリング等を入れることは技術的なことや専門業者それぞれの考えにもなること、業界で保証する工事などで行っては行きますが、切込みが多い屋根材は雨水の流れや風を伴った雨水により浸入は起きてしまいます。その雨水が連続的に入ることで、下地となる木材が腐れば強風等でめくり上がることも起きるであろうと思います。

しかし、その現状であっても手入れの仕方によっては回避することも可能です。逆に何も手入れをしていなければ屋根が飛んでしまう事もあるかと思います。


〇ハゼ式から嵌合式に変わった現状でも考え方は変えてはいけない


ハゼ式から嵌合式へ移行してきました。

 

より鋼板表面の塗膜を長持ちさせるための考えになります。嵌合式の屋根材についての解説は次の画像をご覧ください。

さて、嵌合式に変わったことでもメリットは多くあります。ハゼ式と違い嵌合させていく(嵌めていく)ことでハゼを締める作業がないことやハゼ締めの機械での細かな傷もなくなります。見た目においても良くなります。最初にも書きましたが、塗膜への傷がなくなることで劣化速度も遅くなってきます。

10年から20年は大丈夫であると考えます。その間で色が薄くなることはありますが、錆によるものはよりなくなります。早期の塗装は必要なくなります。
塗装を行うタイミングは専門業者である我々に聞いてください。塗装業者では判断が付きません。


⦿雨漏りにつながる考え方を検証して改善していく


嵌合式の屋根材について書いてきましたが、嵌合式の屋根材にも切込みや小口はあります。雨水の浸入がゼロになるわけではありません。現在懸念されるのは嵌合式の立平葺きで片流れになった屋根で、水下の小口は良いとして水上の小口を専用キャップで納めてしまうのは非常に危険です。

意匠性や予算で決められてしまいがちですが、雨水の浸入は逆に起きてしまいます。この部分はお客様自身にも知ってもらいたい部分です。
改善方法や実際に起きてしまう雨漏りについては今後検証しながら考えていくようになると思います。

まとめ
当社でも今まで当たり前になってきた製品や施工方法も改善し、よりいい製品が届けられる様に技術や理屈を検証している状況です。塗装鋼板は間違いなくより長く持つ製品になっています。塗装製品については現在フッ素樹脂塗装が一番長くきれいでいると考えます。素材はステンレス、チタン等がありますが、費用としては現在のガルバリウム鋼板の上に施されたフッ素樹脂塗装が良いと考えます。また細かくは説明をして行こうと思います。

宮下板金工業よりお客様へ
お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。
住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。


宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

    

太陽光発電が設置されている状況を見て(屋根設置の場合)

太陽光発電が設置されている状況を見て(屋根設置の場合)

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDZs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。
現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 


◎屋根に設置される場合には既存の屋根の表面の状態を確認してください


まずはこちらの画像をご覧ください。

太陽光発電のパネルが設置された屋根になります。我が社があります地域でも太陽光発電が普及し始めて約10年が経過してきます。今現在のパネルやメンテナンスに関することを考えてみたいと思います。
次の画像をご覧ください。

  

画像が示すのは屋根面の錆びになります。太陽光パネルの隅から流れ下りた様になっています。折版屋根自体の塗膜の状態もすでに再塗装が必要な状態になっているのも現状ですが、それ以上に太陽光パネルから流れ落ちた雨水が原因で屋根面に錆が発生したことは問題になると考えます。最初の画像は一部を写したものになりますが、同じような状態が次の画像になり他の部分も同様になっています。
 さて、錆の原因となっていることについて仮説を立てて考えてみたいと思います。最近の建物は多くの金属が取り合っている状況になっています。主立っているのがガルバリウム鋼板、アルミ、ステンレスになります。異種の金属が触れるような状況になると起きる現象として電食があります。太陽光パネルも異種の金属で出来上がっていますが、雨水に触れることでイオン化が進んでこのような状況になるかと言えば、現状非常に難しいと考えます。逆に一点のみが錆びるような事にならないと考えました。しかし、今の製品の防水状態がこの先も保てた場合には問題は起きないと思いますが、さらに経過は観察する必要があると思います。
 次に考えるのが“酸性雨”になります。近年、周辺に酸性雨が降っていることは知られています。太陽光パネルの水下に当たる部分に流れ落ちたところに雨水は溜まり流れ落ちますが、雨が止み流れ落ちない雨水は乾き乾燥し、塩分の成分が固形として残ります。その固形成分がまた雨により流れて落ちます。その繰り返しが錆びの原因になると考えます。

酸性雨について 
国土交通省 気象庁サイトより引用
 酸性雨に関する基礎的な知識


〇屋根の形状、勾配、道路面接触(歩道、駐車場)を考える



 次は太陽光パネルを設置する際に考えるべきことについてみたいと思います。太陽光パネルは形状が四角になることから屋根の形状には気を遣います。また屋根の勾配も同様になります。基本的に良いとされるのが東と南になります。
 さて、設置場所が道路面に接する場合に気を遣いことは積雪になってきます。積雪地域に限る考えになりますが、屋根面に降雪があった場合には融けて滑り落ちる可能性が考えられます。通常屋根材には形状の段差や素材表面の凹凸があり、滑りににくくはなっています。しかし太陽光パネルはガラス面で出来ていることからより滑りやすくなっています。

  

滑りやすくする事はパネル表面に雪が残らないようにためのもので、パネルの発電に影響が出るわけです。
 しかし、設置は降雪が起きることや滑り落ちることも考慮する必要があります。特に雪止めの役割が必要になります。屋根材(瓦、鋼板、化粧スレート、ほか)にはそれぞれに雪止めがありますが、意匠優先なものや機能優先とありますが、取り付け方を検討しておかないと事故が起きることがあります。現在、軒の出のない家があります。そのような家で道路面に面していた場合には落雪する状況を考えると雪止めにはより機能を持たせるものを検討することが必要になります。


⦿長く維持していく為に今後必要になることと現在出ている情報



 今後必要になるのは、パネル表面の汚れのメンテナンスと変換器(直流から交流)になろうかと思います。ガラス表面は手で触ってみると汚れがついています。パネルにある程度勾配があれば流れ落ちますが、勾配が少ない設置のパネルの場合には汚れが残る可能性が考えられます。WEB検索してみると現在の傾向が出ていますので見てもらえると良いと思います。

  資料引用先:オムロン ソーシアルソリューションズ(株) 様

 変換器(パワーコンディショナー)については家電と同様で一定に期間を過ぎると壊れてしまう事も想定されます。この機器は発電量によって付いています数も変わります。定期的に点検してもらうと同時に、機種変の情報も入れておくことが必要になります。パネル以上に費用的なリスクが高いかもしれません。

  

まとめ
 太陽光発電も設置が本格化してから年数が経ちました。屋根面では想定が出来ていないことも起きている可能性があると考えます。しかし、本来設置をする前に必要な手続きを行う必要があると思われます。特に設置したことによる雨漏りや結露は起きてしまえば建物に大きな影響が出てしまいます。設置をされているお客様には確認をお願いしたいと思います。
 今回は点検の様子を写しました動画を貼り付けておきますので確認をお願いします。

「折版屋根の状態を確認するとわかること。どこを確認することが必要なのか?太陽光パネルの状態と折版屋根の表面に起きたさびの状態を確認する」


宮下板金工業よりお客様へ
お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。
住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日 毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号 0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

      

 

雨といの手入れが難しい形、意匠優先から機能、維持を優先に考えて行く

雨といの手入れが難しい形、意匠優先から機能、維持を優先に考えて行く

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎折版屋根に取り付けられている雨といの考え方が変わってきた


まずはこちらの画像をご覧ください。

 

折版屋根の先端に取り付けられた雨とい兼鼻隠しになります。折版屋根の軒先断面を隠す目的や屋根のケラバ(勾配昇り側)を同形状で巻きつけた時の意匠が良くなる様な施工を以前はよくやっておりました。当時は今のような既製品の雨といや鼻隠しパネルのような物が頻繁に使われていなかったので、我々のような板金業者が鋼板を加工して取り付けていました。

さて、写真の雨とい兼鼻隠しが現状どのようになっているかです。

 

経年劣化で起きてしまう現象としては、ゴミが詰まる事による雨水の溢れ、ゴミのつまり、鋼板のさびと穴あきが考えられます。事実、そのような事から交換を行っているのが実情になります。意匠的な事はお話をしましたが、こちらの様な雨とい兼鼻隠しの何が問題となるのかと言いますと下記に箇条書きで書いておきます。

①雨とい自体に水勾配(雨といの傾斜)がない事

②折版屋根の先端を包む形で取り付けている為に掃除がしづらい、出来ない

③使われている鋼板の表裏の裏側が雨水、土ほこりを受ける面になる

ほぼ、この3点が原因で腐食が起き傷んでしまい交換するのが現状になっております。ただし、3つの内の②と③がある程度解消が出来れば長持ちするかと思います。それには次の考え方があります。雨とい内に土ほこり等は入り込んでしまいますが、樋の中を定期的に水洗いが出来ればつまる要素が無くなるかと思います。ただし、落ち葉等になると堆積し舞う場合には必ず除去しなくてはいけません。お客様自身が出来る事と出来ない事があります。専門業者の我々でしたら取り付け用のビスを外すなどの事を行い掃除する事が可能になります。本来、落ち葉等が落ちるような場所にこのような雨といを取付ける選択はありません。

さて、鋼板の表裏の事ですが、現在鋼板製の雨といに使われています材料の鋼板は両面塗装がされたものを採用しています。両面塗装とは両面同じ色の焼き付け塗装をしたものかリバーシブル出来る様に片面ずつ違う色で焼き付け塗装をしたものがありますので、その材料を使う事が出来れば、片面塗装の鋼板の様に錆びの進行が起きる事はないです。

(鋼板の解説)

両面塗装鋼板⇒鋼板の両面に仕上げの塗装が施されていて2コート/2ベークの塗装と焼き付けがされた鋼板になります。鋼板製の雨といに使われている。

片面塗装鋼板⇒両面の塗装鋼板とは違い、片面は紫外線、風雨等の影響が小さいために裏面には塗装は施されているものの、サービスコートとしての考え方として1工程除いた状態の塗装はされた鋼板になります。屋根材、壁材に使われている。 


今回は一部の修理で終えました。下の画像の様になります。

 

〇現在の雨といは形状、機能、製品が変わってきています


雨とい自体の素材は現状では鋼板製(ガルバリウム鋼板)と塩ビ製になっています。既製品の雨といに関しては両面の塗装鋼板を使っておりますし、塩ビ製の雨といも形状や製造方法や取り付ける地域によって芯材に鋼板を入れたものがあるなど…より長持ちする様になっています。また大型の建物では雨といを鋼板から加工して取り付ける場合においても塩ビ製(鋼板の心材が入ったもの)の鋼板使うなど、より維持管理しやすい材料は出てきているのが現状になります。

参考までに現在はこの様な形になっています。

まとめ

雨といに使われる素材(鋼板、塩ビ)は確実に良くはなっており、初期の投資で良いものを使う事は建物の重要な部分になっています雨といにとっては大事な事だと考えます。ただし、雨といの維持管理に関しては建物の周辺の状況を把握される中で、定期的には雨といの中の掃除はされた方が良いと考えます。場合によっては塗装被膜の維持の為に塗装を施す事もおすすめしたいと思います。

昨今のような急激な雨(ゲリラ豪雨)が起きた場合に雨といの維持管理がされていないと建物への影響は想定が出来ない状況になると考えますので、一度確認をされるようにお願いをさせてもらいます。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

店舗に見る見栄えがする鋼板屋根の意匠性(看板建築)

店舗に見る見栄えがする鋼板屋根の意匠性(看板建築)

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎屋根材を意匠として魅せることも必要である


まずはこちらの2枚の画像をご覧ください。

 

両方とも長野市内で見かけた店舗の屋根になります。定義の問題はあるかと思いますが看板建築になるのではないかと思います。このような屋根の葺き方ですが魅せる形になっています。通常我々が葺きます屋根ですが、横葺きや立平葺きが多くなっています。現在住宅で立平葺きを外壁に使うケースがあると思いますが、画像のような葺き方を住宅に使うケースは少ないと思います。意匠的な考えではありますが、屋根に限らず外壁に使うことやワンポイントで使うことはお客様だけのものになると思います。

 

〇手間はかかるものの長く残すことが出来る仕上げ


店舗や住宅に使う場合でも基本長く維持管理をして行くことが必要です。特に雨仕舞には気をつけていかなくてはいけません。サッシや他の外壁の仕上がりの隣りあわせになる部分には細心の注意が必要だと思います。使う場所によってはいずれ塗装が必要になることも想定すると高い場所より低い場所で使用するのも一つの考えになると思います。画像にあるような葺き方は非常に手間が掛かります。一枚一枚の大きさや葺き巾は意匠で考えて行く上で重要なポイントになります。

 

 

⦿色々な葺き方が出来る鋼板屋根


さて今回紹介をした葺き方の他にこちらのリンクを見てもらうとわかります。
金属の屋根と外壁を知る 9.平葺き」にあります一文字葺き(別名:あやめ葺き)亀甲葺き、銀杏葺き、段葺きがあります。また近年では金属瓦がありますので意匠的に用いても面白いかもしれません。

ちなみにこのような事例も紹介しておきます。案件は当社の会長が手がけましたものになります。身内になるためにかなり凝った状態になっていますが、このようなことも板金の技術としてできます。

まとめ

 我々の板金技術の一端を紹介させてもらいましたが、鋼板の素材や塗装はさらに良くなっており、その可能性は広がっています。長く住み続ける住宅や店舗の顔となる場所に板金の技術を一部に使うことは大変良いことだと思います。是非、この期間に考えてもらえると助かります。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

屋根の表面に出ている不思議な跡は何か?通気、換気が関わる

屋根の表面に出ている不思議な跡は何か?通気、換気が関わる

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎例えばこのような屋根表面の跡はどう考えるのか?


画像をご覧ください。

  

化粧スレート屋根の表面に起きている現象ですが、画像を見てもらうと良くわかると思いますが、いったいこの現象が何かは室内側の屋根下地等を確認しないとわかりかねますが、1つ不思議なのは軒先にある通気口から入る空気は片流れの屋根頂部でどう排出がされるのか?そもそも空気の流れが小屋裏にあるのか?

  

空気の流れがないとした場合、一次防水の屋根、二次防水のアスファルトルーフィング、防水紙の下の針葉樹合板のそれぞれが降れる部分や針葉樹合板の天井側の表面に何が起きているかが原因追及の一つになると思われます。

屋根面に起きている跡の場所は針葉樹合板を止めています垂木の位置になります。それは雪止めの金物の位置が示しています。

おそらくですがお客様はこれがどういったことなのかを疑問に思うでしょう。

 

〇屋根の軒の出がない屋根で起きている屋根表面の状態は?


軒の出がない屋根が多い昨今の建物事情で、空気の流れをどう確保しているのか?また、そもそも入り口があれば出口があるのが当たり前の中で、なかったり少なかったりした場合にはどのような影響が出るのか?

  

画像の様に鋼板屋根の表面に流れるようなこの跡は問題視されないのか?例えば断熱材の使い方や使用するものでも違いがある。グラスウール、ロックウール、断熱ボード系、ウレタン吹付などがあるが、通気も含めてどう考えるのか?

実際、屋根や外壁に不自然な跡が出始めた時に、どうお客様に対して説明すれば良いのか?本当に不思議なことが多い現状。
例えば、外壁の表面がこのようになっていたらどう説明するのか?

  

かなり難しいと思います。

まとめ

小屋裏での空気の流れが遮断される場合や空気の流れがない場合、換気量が足りないことで起きる現象の一つとして結露があります。かえって昔の住宅より今の住宅の方が多いかもしれません。高気密高断熱が今の主流ですが、日本のような四季があり高温多湿の状況ではより考えていかなくてはいけない現実かもしれません。

下記に参考文献を添付しておきます。

 小屋裏(屋根裏)に発生する結露とは

当社が所属しております団体ではこの問題に取り組んでいます。

 一般社団法人 住まいの屋根換気壁通気研究会

  

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

塗装鋼板は更に素材、塗装が良くなり維持管理が良くなります

塗装鋼板は更に素材、塗装が良くなり維持管理が良くなります

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDZs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎どのメーカーの塗装鋼板を使うか…こだわりも含め!


以前塗装鋼板に関して紹介をしましたコラムを添付しておきますのでタイトルをクリックしてもらい確認をお願いします。

 現在市況に発売されています塗装鋼板について

さて、塗装鋼板ですがメーカー各社でWEBサイト、カタログ、色見本で商品に関して説明を行っていますが、お客様自身がこの様なカタログを目にする機会は少ないかと思います。今回、わが社の仕入れ先の2次商社でカタログを見かけましたので手にいたので、少し噛み砕く形で紹介したいと思います。

 塗装鋼板を選ぶ基準は「塗膜の保証期間」「鋼板素材の性能」「色の数」「入手期間、在庫量」があります。数社ある塗装鋼板メーカーですがどれでも入手は可能です。

しかし扱う量、鋼板の切りやすさ、曲げやすさなど…板金店各社の基準で決められています。当社でもメインで使う塗装鋼板についてはこだわりがあります。具体的に言えば塗膜の保証期間、素材の性能、切り曲げで決めております。そのこだわりについては色を決める際にもお客様には必ず伝えております。

 

〇塗装鋼板の注目してもらいたい部分


鋼板が住宅の屋根材として使われ始めたのが昭和40年代になります。その当時は亜鉛鉄板と呼ばれる基材に」塗装の膜が施されていました。いまだにその時代の屋根が残っている現状ですが、鋼板自体の手入れさえ良ければ50年以上は維持が出来ております。屋根自体は鋼板の性能ばかりでなく、施工や考え方にもよります。屋根材等の製品、施工や考え方については改めてコラムで書いて行こうと思います。

 さて、鋼板の性能で注目すべき点は、亜鉛鉄板からガルバリウム鋼板に変わったことです。今当社が扱います鋼板メーカーではエスジーエルに変わってきました。ガルバリウム鋼板に進化をする時点でアルミニウム(Al)が加えられたこと、エスジーエルはさらにマグネシウム(Mg)が加えられました。より耐食性が上がったことが大きく変わった事になります。その上に塗装の膜が施されるわけですが、製品はさらに均一化され、保証がともなうような状態にまで進歩をしてきました。

 塗膜は大きく分けて2コート/2ベーク、3コート/3ベークのような塗装を施し焼付を行う工程を2回とか3回でわかれる製品ですが、使われる塗料の性能によっても変わってきます。下記の塗膜構造の画像を確認してください。

  

まとめ

 最近の住宅では塗装鋼板を使った屋根が多くなってきています。本来屋根自体の重さも軽くなることや低勾配が実現出来ることなどで使われる幅が増えてきたと思います。しかし、重さも含めて考えて行くようであれば、お客様には鋼板の性能にこだわってもらいたいと思います。保証年度、塗膜の性能には着目してもらいたいと思います。メーカーによっては個別の商品で保証年度を持っておりますので確認願います。

下記の画像に注目ください。



カタログのデーターも添付しておきます。



宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

塗装鋼板の値上げが行われます!お客様への流通はこの様な形になっています!

塗装鋼板の値上げが行われます!お客様への流通はこの様な形になっています!

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDZs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎この時期の値上げは我々専門業者にとっても厳しい状況です


 まずはこちらのPDFデーターをご覧ください。

今現在、コロナ禍でこの先が見えていない状況下の中で、業界紙にこのような形での値上げに関する新聞記事を見ることとなりました。最終的な値上げの金額については流通がありますので決まってはありませんが、この先確実に行われると思われます。既に数年前より値上の話は我々にも伝わってきていましたが、少しこの時期というのは厳しさを感じてしまいます。この先どのような形で落ち着くかについては待ちたいと思います。

 どこかでは価格転嫁、もしくは自社で調整を行うようになるかと思います。わが社と直接関わりますお客様にはなんとか価格転嫁がいかないような形で行きたいと考えておりますが、少し待っていただきたいです。

 

〇塗装鋼板の値上げにより流通すべてに影響が出ます


 次の画像をご覧ください。

こちらの画像は鋼板材料の流通を示しています。お客様が手にされるまでにこの様な流通で材料が流れ、お客様の手前になるわが社が最後になります。ただし、直接でなく間に建築業者が入れば更に1つ余分な流通になります。わが社に来るまでの流通に関しては数十年続いているために、この先も変わることはありません。ただし、最後の部分となるお客様との関係についてはビジネスモデルが変わることは、この先起きてくることやお客様自身が手にすることは出来ると思います。

 

⦿お客様に対してどのようなことが出来るのか


基本的には「良い塗装鋼板をお届けする」そこに技術や考え、意匠やデザインを考えてお客様の1品をお引き渡しすることが大事になると思います。その為には価格も含めて安定した品質を確保することが必要になると思います。そこには自社の塗装鋼板に対するこだわりは必要になると思います。

また、塗装鋼板のイメージを変えてもらうことは必要になります。昔よりの良い方ですが、年代によっては「トタンやブリキ」と呼ぶ世代もあります。しかし今は「ガルバやガルバリウム」という言葉も浸透しつつあります。カタログにもありますが、現在はエスジーエル(SGL)になっています。より耐食性が上がった上に塗装膜がよくなったこと、色あせもしにくくなっていること…などより製品は良くなっています。また、その塗装鋼板を使って成型される屋根材も形状や鋼板の傷みを軽減するような製品になっています。現在ではハゼ式から嵌合式に変わってきています。またその構造や考え方は説明して行こうと思います。

 

まとめ

お客様には今回のようなことに関しても伝えて行くことも必要ですが、製品の良さや技術的なこと、維持管理に必要なことなど…長く使ってもらうことを目的として、快適な生活や長く住み続けることが出来る為の情報は今後も発信続けていきたいと考えます。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

最近の住宅で屋根や外壁のきわどい部分の雨仕舞

最近の住宅で屋根や外壁のきわどい部分の雨仕舞

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来の寿命が30~40年で終わるわけではありません。今後はSDGs(持続可能な開発目標)の考え方にもあるように新しいものだけを造り続けることばかりでなく、リフォームやリノベーションを繰り返すことでお持ちの建物は資産価値や長く維持管理は可能になります。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎最近この様な屋根と外壁が取り合う住宅を見かけます


まずはこちらの画像をご覧ください。

画像のような設計の住宅が近年みられるようになりました。わが社のような金属系の外皮(屋根や外壁)を行う業者としては非常にやりがいのある仕事になります。現在建築家のこだわりを形にする建物も増えてきています。逆にハウスメーカーの建物は安全重視の住宅になるかもしれません。この部分はお客様が選択すべき部分になるかもしれません。

なかなかこだわるという事は難しいものだと最近よく思います。屋根の葺き方や屋根材を使う場所も変わってきています。例えば、横葺き屋根ですが通常は屋根になりますが、外壁にも使います。また他には立平葺きですが、こちらも屋根でなく外壁に使うこともあります。どちらがどう良いかについてはまた別の場所で考えてみたいと思いますが、どちらも共通して考えるのは屋根との境目や開口部廻りになります。

今回の屋根と外壁の住宅でも注意すべき点は水上部とケラバ(下って行く面)の唐草(軒付け役物)との境目が急所になります。

 

〇軒の出を無くすと雨漏りのリスクは高くなる


前の部分でも説明をしましたが、唐草(軒付け役物)と外壁の取り合い部分に雨漏りが起きやすいところになります。普段降る普通の雨(上から下に落ちるような雨)では横葺きを摘まみこんである部分や唐草の下がり部分を伝わり流れ落ちるものくらいで、さほど大きな影響はないかもしれません。しかし、雨の量が多く、強い風が吹いた時はどうなるでしょう?

次の画像をご覧ください。

特に水上部分では雨の量や風の吹き方によっては外壁を伝わる雨水の動きが矢印のように動くことも考えられます。動く先がどこになるかといえば唐草の下がりと外壁の間に流れていきます。画像ではこの部分の詳細を確認取ることは出来ません。仮に入り込んだとすると外壁の内側に入ります。現在は通気工法になるために雨水が宅内には入らないかもしれません。

しかし…危険には感じます。

 

⦿強風による雨水の動きまで考える⇒2次防水だけでは解決は出来ない


屋根や外壁が一次防水、二次防水は透湿シートになりますが、特に屋根と外壁の入隅になる部分の取り合いには注意が必要です。特に屋根と外壁の施工業者が違った場合には双方が責任あることが出来るか?元請けとなる業者が責任をもって管理が出来るかが、課題になります。取り合いに透湿シートや防水テープを行ったとしても一次防水の施工に関しては雨仕舞も含めて考えることが今後も必要だと思います。

 

まとめ

意匠についても施工に関しても建築家や管理者、施工者が知恵を出し合い、改善が出来ることがあれば変えていく必要はあると思います。瑕疵保証で守られている昨今の住宅ですが、規定が出来ない部分についてはより気を遣う必要があると考えます。逆に無理なことはしない方が良いかもしれません。意匠より機能重視かもしれません。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。維持管理を行う中で間取りや使い勝手を変えられる日本家屋の特徴を生かしてリノベーションを行うことは、建て直す必要がなく現在の最新の設備や考えをとり入れることも可能になります。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.