0265-23-0224

外壁について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

外壁について

住まいの顔「外壁」

多くの住宅で使用されている主な材料は、窯業系サイディングになります。最近では、従来からある塗り壁を用いた左官工事も、材料や施工方法を変えてきています。

窯業系サイディングが増えてきた背景には、住宅の需要が多くなってきた事や大手ハウスメーカー、フランチャイズ加盟による工期短縮、採算の観点から工期や手間のかかる左官工事が敬遠されてきた事も事実となっています。また、外壁の仕上がりのバリエーションも増えた事から、顧客が満足できるデザインを多く発売する建材メーカーも、このような状況を作ってきました。

ただし、この状況が今直面している問題は水面下で出始めて歪も見えてきています。

窯業

窯業系サイディング

最近の住宅で、最も使用されている仕上げ材です。

素材は、セメントと木質のチップ材を混ぜて固めた素材に着色が施されています。幅や長さはメーカーによって若干違いますが、バリエーションが多いので選ぶ事ができます。メンテナンスの上で重要な事は表面の塗装はもちろん、材料の途中にできる目地やサッシ廻りのシーリングの劣化には注意が必要です。 放置をすると、水が侵入し、内部からの劣化や他の部分への影響が懸念されます。地域によっては、自然条件等で使えない場合もあるので注意が必要です。

窯業系のサイディングも長く使われてきていますが、製品や工法は少しずつ変わってきています。現在は、金具を使った工法や、木の下地で浮かして通気を採る工法が主となっています。

塗装時には品物の状態はもちろん、工法の確認をした上での塗装をお勧めします。

窯業系サイディング
窯業系サイディング状態

鉄板

金属系サイディング

表面に金属を使い、厚みや結露、断熱を目的としたウレタン材を貼ったものです。窯業系のサイディングと同様に縦貼、横貼があります。金属とウレタンの組み合わせのは軽量であることが大きな特徴ですが、窯業系とは違い表面のデザインは各社メーカーがあるものの、製造する機械が高価なので様々なデザインができません。

窯業系に比べて使われる頻度が少ないですが、軽量である事と近年では表面の塗装が改善されていると改修に向いています。維持管理では、屋根と同様に塗装していただく事をお勧めしています。

サッシ周りなどの隙間を埋めるシーリングは、塗装と同時に行っていきます。

金属サイディング
鋼板に模様をつける為のロール型
鋼板に模様をつける為のロール型

組積壁(ALCパネル、中空セメント板)

軽量気泡コンクリート(ALC)+塗装

軽量気泡コンクリートは、お風呂場にある軽石に似ています。気泡により断熱性能が高く、工場のような建物や住宅に使われています。貼った材料は、シーリング材と塗装で仕上げます。

メンテナンスでは、塗装とシーリングを確認します。放置期間が長いと、気泡部分やサッシ周りの継ぎ目から雨水等を吸いやすくなります。冬には、内部から破裂する事もあります。ですので、劣化する前に塗装や防水処理が必要です。

特にサッシ周りは、サッシと壁が段差なく施工されているので、シーリングが切れたり劣化していると内側に雨漏りが起きます。

大きな工場や店舗にも使われているので、今後は塗装や防水による修理の他に、下地と別の仕上げ材を使ったカバー工法も出てくるでしょう。

ALCパネル(現場納品状態)
ALCパネル(現場納品状態)
ALCパネル表面塗装
ALCパネル表面塗装

塗り壁タイル壁

モルタル塗り+塗装

水、砂、セメントを混ぜた塗り壁を指します。そのままの状態での仕上げでは水を吸いやすい性質があるので、仕上げ材の上に塗膜にあたる塗装を行います。下地に不備や、乾燥がみえたり、工期によっては壁にクラックが入る事があります。

維持管理では、モルタル自体を塗替えるには非常に難しい為、塗装を行ってください。その他に、下地をした上で窯業系サイディング、もしくは金属サイディングを貼る事も可能です。ただし、モルタル壁自体を剥さない場合、できる限り軽い素材を選択することをお勧めします。

モルタル壁施工中
モルタル壁施工中
クラック(ひび割れ)
クラック(ひび割れ)

モルタル下地+タイル(湿式,乾式)

モルタルの下地の上に、タイルを貼って仕上げます。タイルの形状や、厚みによって見た目も大きく異なります。部分的な仕上げや、他の仕上げ材と組み合わせる事も可能です。

メンテナンスでは、窓廻りや取り合いに使用しているシーリング材、タイル目地等の劣化にはご注意ください。基本的には、モルタルと併用で仕上げる為、防水性能が失われると剥がれる場合があります。 現在は、モルタル塗りの下地でなく、窯業系のサイディングを使って引っ掛けたり、接着するタイル張り工法があります。下地となる壁がある事によって剥がれにくく、軽量化もできます。

湿式工法
湿式工法
乾式工法
乾式工法
宮島塗装店

専門職のご紹介

会社名
宮島塗装店
業種
塗装工事業
代表者名
宮島 修
TEL/FAX
【TEL】0265-22-6910
【FAX】0265-22-6910
一言アドバイス
①塗装を行う場合には、関連をする業者の仕事の状態も確認して行ってもらいたいです。
・金属屋根の棟、壁際などの雨仕舞役物
・外壁、サッシ廻りのシーリング
②塗装は表面塗膜の状態を改善し、水弾きは良くできますが取り合いの雨仕舞は確認をお願いします。
→塗装をして雨漏りは止めることはできません。
③塗装の材料に関しては専門業者よりきちんと説明を聞いてください。
有限会社 九曜工業

専門職のご紹介

会社名
有限会社 九曜工業
業種
防水工事業
代表者名
原 義彦
TEL/FAX
【TEL】0265-52-0207
【FAX】0265-23-5464
メール
yuugengaisya.kuyoukougyou@sepia.plala.or.jp
一言アドバイス
コーキング(シーリング)に関して
・シーリングの表面を触って硬いか柔らかいかを確認してください。
・表面にひび割れがありますか確認してください。
・シーリングを触り、触った指を見てください。粉が付きますか。

防水に関して
・歩いてみた時に浮いたところや違和感があるかみてください。
・排水口廻りを確認してください。
・排水口を年に1度は掃除しておいてください。
(特に下に居室(部屋)があるお客様)

外壁(屋根)下地

木造住宅の落とし穴

「屋根について」にてまとめてご紹介しております。ぜひご確認ください。

あなたのお家は大丈夫?

仕上がりによって、直し方や維持方法は異なります。開口部と外壁の取り合いはどうなっているか?どんな状態になったら直せばいいのか?こちらで説明します。

チェックポイント

チェックポイント

こんな状態だと危険!?

外壁は、約6~8年経過した頃から老朽化が始まります。

大切な住まいを守るには、屋根や雨といと同様に、傷み・劣化を早期発見し補修することが大切です。下記のような症状が見られたら注意が必要です。お早めに当社までご相談ください。

症状の一例

チョーキング
チョーキング

壁の仕上げ材は長年の紫外線、風雨による劣化により表面の塗装の膜が粉状になる現象。表面を触って、手に粉が着くと塗装のサインです。

コーキングの劣化
コーキングの劣化

①窯業系サイディング
②軽量気泡コンクリート(ALC)
壁材の継ぎ目部分に塗ってある、コーキング(防水材)の劣化によりひびが入り、剥がれてきたら修理し直すタイミングです。更に、塗装と併用して行う事をお勧めします。

凍害
凍害

寒い地域で起きる現象で、壁の中に水が入って凍ってしまい、壁材を内部から傷めてしまいます。窯業系のサイディング、モルタル壁、タイル壁に多いです。

クラック(ひび割れ)
クラック(ひび割れ)

モルタル壁に起きる現象の一つです。開口部部分や壁の途中に割れが発生し、そのまま放置をすると水が割れた内部から侵入します。

クラック、水浸み
クラック、水浸み

クラックしたところから水が侵入し、表面が黒ずんだり、コケなどが発生します。表面の防水(塗装)膜が無くなり、モルタルが水を吸っている状態です。ここまでくると、早めの処置が必要です。

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.