0265-23-0224

外壁について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

外壁について

窯業系サイディングのつなぎ目、材料の断面、維持管理

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎金属サイディングとは大きく違います


現在、一般住宅の外壁材として主流となっています窯業系サイディングですが、主な話はつなぎ目(横目地)でシーリングを施す部分を良く聞くかと思いますが、今回は窯業系サイディングを貼って行く際の接合部になる實(さね)部分の止水性について確認して行こうと思います。

 

画像をご覧ください。画像は窯業系サイディングの接合部を写したものになります。

通常このような状態になっています。實(さね)部分には白い止水材(防水材)が付いています。貼り上がると同時に釘止めや金具止めを行って行き、重なり部分の止水材は重なると同時に密着して雨水の浸入、浸水を防止します。さて、窯業系と金属系ではこの實(さね)の構造が大きく違います。違いについては次のPDF画像をご覧ください。

※画像資料は(株)ニチハ様より引用しております。

 

窯業と金属では使用する材料の根本的な違いもそうですが、實の構造もここまで違うわけです。雨水の浸入を防ぐ為の考え方として金属の場合にはハゼと言う独特の考えがあり、屋根材も含めて壁材であってもつなぎ目の部分は雨水の浸入に対しては厳しい考えがあります。

 

窯業系サイディングであっても、雨水浸入を防ぐ為の實の構造を暴露試験や風道実験で検証を行い、世の中に製品として出しておりますので一概にどちらが優れているとは結論は出せません。材料の選択には地域、意匠、コストなども含めて決められますので、不明な点がありましたらお気軽に問い合わせください。

 

〇窯業系サイディングと金属系サイディングの断面、維持管理の違い


両製品の大きな違いはその素材と製造過程、性能の違いになります。とのような製品にも断面と呼ばれる切り口や表面、裏面があります。塗装の膜に関しても紫外線が当たらない面に関しては塗膜や防水処理が1工程は変わってきます。断面に関しては規格製品の断面と現場で切断する断面では、施工や管理の仕方によっては吸水や雨水の浸入が起きた場合には製品に異常(膨らみ、錆び、剥がれ)が起きることもあります。

 

窯業系サイディングの場合には接合部には紫外線等は当たりにくいために、余程止水材となるパッキンに異常がなければ瑕疵が起きる状況にはないと考えますが、製品表面や横目地(つなぎ目)の製品断面とサッシ廻りの製品切断面の共通するシーリングの劣化による雨水浸入で製品の断面からの吸水には注意すべきところがあります。金属サイディングにも同様な部分がありますが、吸水が起きやすいのはウレタンフォーム(断熱材)になります。吸水は起きにくいとしても鋼板断面の錆びは起きてしまいます。

 

□まとめ

今回の様なつなぎ目の構造の違いは、材料、製造方法が違うことから考え出されています。

例えば共通して気をつける事は何かといえば…“水平に貼る”ことです。外壁を水平に貼ることは意匠的には最も重要である事はわかるかと思いますが、水平ないと何が起きるかといえば…外壁を流れ落ちる雨水が、つなぎ目(實)を伝わり流れて行く現象があります。屋根ではよくありますが、少し強い風が吹くとつなぎ目を雨水が横走りする現象が見られます。思わず雨水が行く事で起きる雨漏り事故も確認されることがあります。

 

窯業系サイディングに関しては特に窓廻りのシーリングが劣化で切れていた場合には雨漏り事故につながります。通気工法を使う現在の方法であっても基本雨水が浸入しないような維持管理は必要です。雨漏りにも気を遣いますが、製品の断面から浸入する雨水にも気を遣うように塗膜やシーリングを一定期間で行うようにお勧めします。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.