0265-23-0224

外壁について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

外壁について

傷みが進み、修復不可能になってしまった外壁

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎この状態になってしまったら塗装は出来ません!


まずはこちらのPDF画像をご覧ください。

画像には解説がついているのでお分かりになると思います。見出しにも書きましたが、ここまでの状態になってしまうと補修や塗装での維持や管理は不可能になります。特に窯業系のサイディングは表面塗膜が経年変化で塗膜の弾きがなくなってくると、表面やつなぎ目、断面より吸水し始めます。吸水が始まると特に端部より雨水が入り込んで、湿ったり乾いたりの繰り返しが何年も続いてしまいます。

 

画像にもありますように表面塗膜が剥がれ落ちている場所がありますが、塗膜の取れた部分の基材(サイディングの素材)は吸水を繰り返したことで黒くしまった状況になり素材の変化が認められます。窯業系サイディングは木片とセメントを使った複合素材になっているために、特にセメントは吸水しやすい素材になっています。

 

この状況から補修を行う場合、無事なところを残して悪い部分の板を交換することが考えられますが、同様のデザインがないのが問題になります。デザインは定期的にメーカーの方で変えて行きます。また流通が少ないデザインは廃番になるようになってきます。そのために、こちらの外壁を直すには既存をすべて剥がして、別の品物で仕上げることになります。

 

〇ここまで来てしまうと雨水の浸入が長く続いてしまっている


窯業系サイディングやALC版の外壁は版間や開口部にシーリング材を使い止水を行っています。ALC版の場合には版間、サッシ開口部の止水を行った後に、表面に塗装膜を施し吸水をしない施工が行なわれます。窯業系サイディングの場合には表面塗膜された製品がほとんどあることから版間やサッシ開口部にシーリング処理を行うようになります。

上記な状況の中で製品を維持して行くことから、仮にメンテナンスを行わない状態が長くつづいてしまう状態があれば、製品は長持ちはしません。塗膜の剥がれや素材の破壊等も起きて、雨漏りも起きると考えます。

 

⦿定期的な手入れは常に状態を確認すること


定期的なメンテナンスがなぜ必要なのか?

先に説明をしたとおり、使われています建材(仕上げ材料)はそれぞれに耐用年数があります。特に建物の形状、陽向き、場所によって変わってきます。屋根も含めてですが、材料や素材表面が常にどうあるべき…というと、雨水が弾く状況が続くことが良いと考えます。

その時期はどの程度で考えるか?

使われています製品等にもよりますが、10年が一つの目安になると考えます。その都度確認をする部分については素材により違ってきますが、ほぼ現在の製品に共通してくるのは製品の塗膜とシーリングになると思います。

これについてはお客様自身が目視や触診でできます。

 

まとめ

お客様には自宅、建物の表面の状態を1年に1回は確認をしてもらいたいと思います。わからないことに関しては我々専門業者に確認を依頼してもらう事をお勧めしたいと思います。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.