0265-23-0224

外壁について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

外壁について

モルタル壁のクラック(ひび割れ)の深さ、幅を確認することが必要

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎モルタル壁に起きたクラックは致命的な要因になる


まずはこちらの画像をご覧ください。

定期的に紹介をさせてもらっていますモルタル壁のクラックです。今回は鉄骨造の下地に施されたモルタル壁になりますが、クラックは外壁面に何か所か見られますが、クラックが起きている場所のパターンとしては開口部廻りが多いです。その開口部廻りも隅(角)から起きています。

クラックの入り方については構造や建物の利用方法、向きなどによっても変わってきますが、モルタル塗りでの壁仕上げはクラックや割れが生じた場合には雨水の浸入口になることは今までの調査で見てきたことから変わりません。雨水が外壁面を伝わって流れてきた時にクラックが斜めに入っていたとすると…雨水はその方向に伝わり流れて行きます。

その繰り返しが長く続けば、雨水は浸透してより幅を広げていきます。

これはタイルの壁でも同様な事態になります。タイルもそれ自体は焼き物であることから問題は起きにくいのですが、目地やタイルの下地はモルタル塗りです。割れが起きたりすれば雨水の動き自体は同じようになります。今住宅で使われています乾式工法のタイル貼りとは少し違います。

 

〇構造や工法の違いはあってもクラックの深さや幅で起きる現象は変わらず


次の画像をご覧ください。

鉄骨造にモルタル壁を施工する際の代表的な施工方法のディテールになります。鉄骨の胴縁下地の上にさらに直角方向でアングルスタッド呼ばれる鋼製の爪付きのバーを取付けて、アングルラスと呼ばれる塗り下地を胴縁したよと同じ方向に貼って行くようになっています。開口部廻りについては特に四隅の角の部分には網を斜めに余分に貼っておくようになっています。割れが生じやすいことから補強する意味で網は余分に施工されます。

その他の部分での割れが生じる原因としては、メーカーが指定している施工基準で施工がされていないこともあるかもしれません。施工基準を守るようになっているのが変更されるケースも昔にはよくありました。その施工に関するものは明確に何が起きたかは言えないことでもあります。ただしお客様によっては関係のない所で起きてしまっています。

次のPDF画像をご覧ください。

今回確認しましたクラックの状況を順番で紹介しています。確認ください。

 

⦿早めの修理で建物は変わりなく維持が出来る


危険性については確認してもらったと思います。この状態は外壁面表面で起きている話ではありません。既に深さが確認できたとすると内部側にも影響が出ていると想定できます。室内に雨漏りが起きているとは言い切れませんが、鉄骨の下地には何らかの影響が出ているかと考えます。

この状態を回避するにはクラックを処理するようになります。ただし、塗り直すことは出来ない為にシーリング材を打った上に塗膜を施すようになると思います。シーリングを施工するにも一定量の幅や深さを確保しなくてはなりません。また、シーリングだけでは安全は確保できない為に塗装をするようになります。

 

まとめ

クラックの修理等の説明に関しては建物を施工しました業者は説明しづらいと考えます。どのようにお客様に納得してもらうかが難しいと考えます。あくまでも設計や施工で起きている事故になるからです。施工ミスと経年劣化は同じであるわけではありません。なかなか難しい事案だと思われます。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

 

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.