0265-23-0224

外壁について | 飯田市にある「宮下板金工業」で住宅、建物の屋根、外壁からの雨漏りや、維持するための塗装や防水のお困り事を解決

0265-23-0224

お問い合わせ

外壁について

わずかなクラック(ひび割れ)から浸入する雨水状況

お客様がお持ちの住宅や店舗、工場は、本来はリフォームやリノベーションを繰り返すことで資産価値や維持管理は可能になります。そもそも維持管理を繰り返して行くことで住宅本来の寿命が30~30年で終わるような住宅、店舗、工場はありません。

現在進められている住宅の考え方は数値化され、保証の考え方は法律で規制されたもので住宅を維持する為の情報はメーカーや業者任せになっています。本来の住宅は日本に昔からある考え方や風土に合わせて行くことが必要でその良さが失いかけています。そこに専門業者の役割が必要になってきます。そのことを当社と協力いただきます専門業者の仲間よりいただく情報をコラムとして発信をして行きます。 

 

◎外壁を伝わり雨水が浸入している状態を確認


以前、雨漏り110番飯田店のブログにて発信をした画像を使用しながら、改めてクラック(ひび割れ)の怖さを知ってもらう様にしたいと思います。

下記の画像を3枚ご覧ください。

クラック(ひび割れ)の写真ですが、○で囲いました部分と矢印の方向ですが雨水が浸入し流れ落ちて行くところを表しています。このわずかなクラックですが、この先の状態を画像で確認してもらうといかにクラックが怖いかと感じてもらえると思います。次の画像2枚へ続きますが、クラックの処置を行わず放置し続けていくと、その先がどのような状態になっているかを示しています。浸入しました雨水はモルタルでもALC版でも浸み込む状態が続くことで起きる内部側への影響が、躯体となる柱や梁、鉄骨の鉄部に大きく影響が出て、維持が出来ない状態へ追い込むことがあります。

 

〇早く処置を行う必要がある


塗り壁(ALC版)のクラックでの雨水浸入は表面の傷みばかりでなく、クラックの幅や深さによっては内側への雨水の浸入を進めてしまい、最悪脱落する状況になってしまいます。塗り壁(左官)もそうですが、タイル壁の目地部もクラック放置が進んだ場合には下地が浮きより躯体から剥がれる状態になります。

クラックの処理に関しては、簡易的な一時処置としてシーリング材の充填を行い、雨水浸入を防ぐ方法。また、シーリング処置と左官の壁の表面塗装を行う方法いずれにしても早めの処置が必要になります。状態がひどい場合には左官の壁を解体して仕上げの方法を変える事も必要になります。目視でもクラックを確認が出来るので見付けた場合には業者へ連絡をお願い致します。

 

⦿雨水の浸入を止めないと雨漏りにつながる


外壁にクラックが入る事は経年変化によるものとして考えてもらいたい訳ですがクラックを放置してはいけません。雨は屋根ばかりでなく外壁にも掛かる事はおわかりだと思いますが、クラックの幅や深さによっては室内側に伝わり入る事があります。入った雨水がきちんとした形で抜ける事が出来たとすれば問題ありません。しかし、以前からの施工方法では柱や梁等の構造材に直に取り付けられる方法が多い為に、雨水の浸入は構造材の腐れにつながります。

下記のような状態になってしまうと大きな損失になります。

現在の瑕疵保証工事であれば比較的問題が無いと考えますが、昔の施工では危険が増してしまうので一旦はシール材等で補修する方が良いと考えます。

 

まとめ

 外壁の仕上がりは近年では建材(窯業系、軽量気泡コンクリート版)に変わってきていますが、まだまだ塗り壁の家は多いと思います。必ずと言っていいほどクラックは必ずどこかにはあります。お客様自身でもできる簡易診断で判断も可能です。幅はメジャー等で測れます。深さに関しては下敷き等の薄いものを差し込めばわかります。

下記のようなものは我々が使っております。

宮下板金工業よりお客様へ

お客様がお持ちのご自宅や建物は、外皮と呼ばれる屋根や外壁、窓(サッシ)の維持管理を定期的に行うことで長く維持をさせることが出来ます。外皮を維持管理して行くことは紫外線や風雨にさらされた事で劣化するのを防ぐことや雨漏りが起きて雨水が浸入しないことを目的に考えます。

住宅や建物は自身が取得された費用の他に、その時点からライフサイクルコスト(LCC)の考え方が必要となってきます。建築を考える際の費用を抑える事も大事ですが、それ以上に長く維持をして行くことがお客様には必要となってきます。それには住宅や建物に関わります専門業者からの情報をえることが大切になると思います。今後は出来る限り外廻りだけでなく室内側の専門業者の協力者も含めてコラムで書いて行きますのでよろしくお願いします。

宮下板金工業有限会社
代表取締役 宮下 隆行
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井5688-1
営業時間 午前8時~午後5時
定休日   毎週土・日曜日、正月、GW、お盆
電話番号  0265-23-0224→不在の場合には携帯電話に転送されます。

 

Copyright © 宮下板金工業有限会社 All rights reserved.